今年を振り返って

気付いたら12月も半ばでびっくりしております。

先月末に義父が旅立ちました。写真は、11月3日、義父のお見舞いに行く途中の景色。思い返せばその日は最後に義父と会話ができた日、でもあった。義父の一人暮らしの部屋を引き払い、ホーっ!!!と肩の荷を一つ降ろして、義父のお見舞いに行き、義父と話して帰ってきたんだった。ほとんど食べられなくなっていたので、翌日から薬も食事も全て点滴に切り替えられ、その後、会話ができることはなかった。

義父は1年ちょっと前、倒れてから末期がんが分かり、その後も一人暮らしを何とか続け、今年の9月中旬ごろから体調が思わしくなく、入院。数か月の間に、自宅と義父の病院、義父の部屋と何度も行き来した。予想外のことがどんどん起こり、私も精神的に不安定になり、両親に電話して号泣したり→で、母が来てくれたり、子供達のちょっとした時間に心を慰められたり、の数か月。自分の内側からあふれ出すおそれや怒り、不安、、、、それもアリだと翻弄されながらも、必要な時に必要なはからい、サポートがあり、自分自身でいられることができた。因果応報、という言葉のとおり(決してコワイ意味でなく(笑))、自分の歩いてきた道、のとおりにただ流れていく、そして自分だけでなく、先人や、家というものに連なっている流れも重なったり、続いたりしている。まだ穏やかさ100%にはなれないけれど(笑)、人との出会いやめぐりあわせの奇跡のようなはからいを何度何度も見せられ、たくさんの学びがあった、あ、あります(笑)。まだまだ道は続く、、、。

スペースENN

スペースENN(エン)のENNは、園、縁、円の3つのエンです。 「自分を知る」「自分を生きる」「自分を愛する」というプロセスを進めることをテーマに、 女性が、気軽に、率直に、そして安全に、ご自身と向き合える場、スペースとして 少人数で思っていることを話す「シェアリング」、 天使や光の存在と繋がっての「リーディング」や「ヒーリング」を ご提供しています。 (女性限定となります。)

0コメント

  • 1000 / 1000